Home > ほこちゃん通信 > 特集 >

ほこちゃん通信 - 特集

子育てジェネレーションギャップ?「パート2」

年末年始の子連れ帰省編

年末年始、小さい子どもを連れての帰省やお出かけは、家族総出の一大イベント!

帰省先で困ったことや、家族一緒の時間を楽しく過ごせるよう、組合員のみなさんが工夫されていることを紹介します。

これまで10回以上子どもを連れて帰省しましたが、何度も忘れ物をしました。

夫の実家が都市部ではないので、年末年始は開いているお店が少なくて、開いていても遠かったり、子ども用品が置いてなかったり。

そんな経験を生かして、わが家では持ち物リストを作っています。

季節によっても持ち物が違うので、GW・お盆・年末年始に分けているのですが、リストを作るようになってから、うっかり!が無くなりました。

お仕事の顔とママの顔

中村文子(あやこ)さん
4歳と1歳、2児のママ。
2度の産休・育休を経て時短勤務で日々家事と仕事に奮闘中!
コープの商品案内カタログ制作の仕事に携わっています。

車で帰省時、子どもが3歳と0歳のときの準備リスト(年末年始)

中村さんの年末年始 子連れ帰省時の準備リスト

オムツ関連

  • オムツ
  • おしりふき
  • オムツ替えシート


授乳関連

  • 哺乳瓶
  • 粉ミルク
  • ガーゼ
  • 授乳ケープ


ケア用品

  • ベビー用ボディーソープ
  • ベビー用綿棒
  • ベビー用爪切り
  • 歯ブラシ、歯磨き粉
  • 保湿クリーム(ワセリンなど)
  • 鼻吸い器
  • 薬、解熱剤
  • 保険証、母子手帳

食事

  • 離乳食(ベビーフード、パン、果物)
  • スプーン、フォーク、食器
  • 食事用エプロン
  • 食事用子どもいす
  • お菓子、お茶


衣類

  • 着替え(肌着、上着、ズボン、スタイ、靴下)
  • 防寒(ジャンパー、帽子、手袋)
  • パジャマ
  • スリーパー
  • 防水シーツ


その他

  • ベビーカー
  • 抱っこ紐
  • 補助便座
  • おもちゃ、絵本
  • 手土産
  • お年玉(ポチ袋)

それでもうっかり忘れ物をしてしまったり、持って行けなかったり。
そんなとき、ばあば、じいじからのうれしいサポート

組合員さんからの声

帰省の期間チャイルドシートをレンタルしてくれていました。
飛行機で帰省するので空港への迎えから帰る間際まで、助かりました。

実家がどちらも愛知県内で、帰省という程でもないですが、オムツなど必要な物をよく忘れるので、買い置きしておいてもらえて助かっています。

子どもにはパジャマを、自分にも歯ブラシなどお泊まりセットを用意してもらえて、旅館みたい!と感動しました。

子ども用の食器やイスを用意してもらえて驚き、うれしかったです。
そして大家族で食卓を囲めて楽しかったです。

離乳食は持って帰りましたが、好きな物を伝えておいたら、用意してくれていました。

大好きなアンパンマンのかるたを用意してもらい子どもが大喜び!じいじに一緒に遊んでもらったことがうれしかったらしく、その後も毎日かるた。
おかげで3歳でひらがなをすべて覚えました!

実家は1階が店舗、2階が住居なので、ベビーゲートが用意してあり、娘が階段に興味津々の時期だったので助かりました。

ママたちはその気遣いにとても感謝しています。

一方で帰省先では「困った・焦った・どうしよう」となる場面もあるようです。

帰省先で「困ってしまった事」

中村さんの困った、組合員さんの困ったを聞いてみました

準備編

組合員さんの困った実家に滞在している間に、子どもが高熱を出しました。
年末年始で病院もやっておらず、開いている所を探すのに一苦労。
何とか休日診療所を探し診てもらえましたが、本当に焦りました。
保険証や母子手帳も持っておらず、後日持ってきてほしいと言われ、どっと疲れた年末年始でした。
前もって休日診療所を調べておけばよかったと思います。
保険証や母子手帳

組合員さんの困った車で移動したのですが、うっかり抱っこ紐を忘れてしまい初詣では大人がかわるがわる抱っこしました。
神社の砂利道では、せっかく持ってきたベビーカーも使えず。
歩けない10kgの娘は重かった…。

移動編

子連れの移動は計画的に。

中村さんの困った電車で帰省したとき、電車内で何をしても泣き止まなくなって、周囲の目が気になり、本当にどうしようかと困りました。
車で移動した時もチャイルドシートが嫌だったのか泣き止まず、何度もサービスエリアで休憩しました。
体力的にも精神的にも移動するだけでぐったり。
それから長距離移動は、食後の昼寝の時間帯と被るよう予定を立てるようにしました。
おもちゃや絵本、お菓子も移動中の必須の持ち物です。

滞在編

組合員さんの困ったじいじが息子にゲームを用意してくれました。
息子は大喜びでゲームにかじりついていて、じいじも喜んでくれましたが、息子はまだ2歳…。
目が悪くならないか心配です。
実の父ですが言えませんでした…。
 

組合員さんの困った2人目の妊娠7カ月の頃、夫の実家への帰省となりました。
車で3時間の遠方な上に病院も近くになく、とても寒い所なので、移動や滞在中に何かあったらと不安なまま過ごしました。
ばあば、じいじもとてもよくしてくれ、孫に会えるのをとても楽しみにしてくれているし、夫も実家が大好きなので、今回は心配だから行きたくないとは言えませんでした。

使ったオムツの行方…。

中村さんの困った汚れたオムツをどうしたものかと迷い、とりあえずビニール袋にいくつかためておいたものの、数日分持って帰るのもな…と思い、夫に相談
ばあばから「このゴミ箱に入れてくれれば捨てるからね」と言ってもらえました。
家族なんだから早く言えばよかったのでしょうが、ちょっとしたことが言い出せませんでした。

授乳ケープがあれば。

中村さんの困った久しぶりに集まった家族団らんのひととき、子どもが泣き出し授乳をしようと別の部屋へ移動。
でも、すごく寒くて震えながら授乳していました。
2時間に1度のために別室のエアコンをつけっぱなしにしておくのももったいないし、かといって毎回部屋が暖まるまでお腹の空いた子どもが待てるわけでもない…。
気を遣って言い出せず寒いのを我慢していました。
他のママから「私は家族の前だけど授乳ケープを使って授乳してるよ」と聞いて、なるほど!その手があったか!と思いました。

食べ物編

離乳食、どうしよう…。

中村さんの困った数日滞在するにあたり、離乳食をどうしようか迷いました。
毎食レトルトもなぁと思い、キッチンを借りて作ることにしたのですが、やはり勝手が違うので、少しのことに時間がかかってうまく作れませんでした。
結局、ほとんどパンや果物、レトルトの離乳食を食べさせていました。事前にバランスキューブやきらきらステップのような商品を買っておいてほしいと頼んでおくとよかったかもと思いました。

帰省中、コープがお助けできることもあります。

きらきらステップ

きらきらステップきらきらステップは「いつでも注文カタログ12月号」で毎週注文できます。

カタログをご希望の方は、地域担当者または共同購入センターまでお問い合わせください。

Webカタログでもご覧いただけます。

中村さんおすすめ

心の距離が近ければ…

帰省して久しぶりの家族団らんを過ごせるのは楽しみだけど、気を遣ってしまってちょっとしたことが言い出せないなんて、ありますよね。

でも、ばあば、じいじも実際は「言ってくれればよかったのに」と思うことがほとんどではないでしょうか。

早めにコミュニケーションを密に取って、みんなが気持ちよく過ごせるといいですね。

ほこちゃん

 このページの先頭にもどる

 このページの先頭にもどる