Home > ほこちゃん通信 > 特集 >

ほこちゃん通信 - 特集

肌に優しく、においに厳しくしたいママたちへ

~気になる部屋干しのにおいはこう防ぐ!~

梅雨の時期、洗濯物を室内で干したときのにおいが気になりませんか。

この特有のにおいを防ぐとともに、小さい子どもの肌にもやさしい洗剤の選び方や洗い方について洗濯と洗剤のスペシャリストにお聞きしました。

町田さん

「においの原因となる「汚れ」と「菌」をできるだけ洗い落とし、その後の菌の増殖を抑え、早く乾燥させることが大切です。」

株式会社 コープクリーン(3月末時点)
町田 平(たいら)さん

研究部にて洗剤の開発に携わったのち、営業部で東海地域のコープ担当となり、各センターの学習会や組合員交流会で洗剤の普及を行う。現在1児のパパとして、仕事・子育てに奮闘中。

においの原因って何?

においのもとは、洗濯物に付いた「菌」が出す排泄物です。「菌」は私たちの生活空間に普通に存在しています。洗濯物に残っている皮脂などの「汚れ」を食べながら増殖し、排泄物も増加するので、生臭いにおいが強くなっていくのです。そして、「菌」の活動を促すのが「水分」。乾燥に時間がかかる部屋干しの洗濯物は、「菌」が増殖しやすい環境なのです。

汚れ別の対処法は?

子ども特有の汚れに最適な前処理(ファーストアタック)を!

タイプ(1)油やタンパク汚れ

ミルクの吐き戻し、食べこぼし、ゆるうんちなどは、食器などを洗う「台所用洗剤」と少量の水で「もみ洗い」すると、汚れが落ちやすくなります。

タイプ(2)泥などの不溶性の汚れ

泥や砂など土の汚れは、水に溶けません。

最初に、乾いた状態ではたき落としましょう。土は極めて小さい石の集まりで、水に浸すと、その粒子が繊維の奥深くまで入り込んでしまいます。石は洗剤の成分で分解されないので、洗濯後も残ってしまう恐れがあります。泥の場合は一度乾かし、水に浸す前に「はたく」を忘れずに。

においと汚れはしっかり落としたいけど、うちの子の肌は大丈夫なの?

ポイント(1) 洗う前の漂白剤は上手に使って

お湯(40~50℃)に適量の酸素漂白剤を溶かし、10~30分つけおきする。

  • 漂白剤には「菌」や「汚れ」を壊す(分解する)力があります。
    においの原因を先に壊しておくことで、洗濯効果が高まります。
  • 汚れがひどい場合は、あらかじめ落としておきます。
    上記の前処理方法を参考に。

ミニ知識

刺激が少ないのは「酸素系」
洗浄力が強いのは「粉末」

漂白剤を使うと、衣類に残って肌への刺激になるのでは?と心配する声もよくききます。
漂白剤は水に入れて時間が経つと酸素や二酸化炭素などに分解されてしまうんですよ。

酸素漂白剤はもともと刺激が少なく、つんとくるにおいもないので安心。
粉末タイプと液体タイプがありますが、より汚れの分解力が強いのは粉末タイプです。

コープ 酸素漂白剤 粉末タイプ

洗濯用洗剤といっしょに使える粉末酸素漂白剤。

コープ酸素漂白剤 粉末タイプ
500g

ポイント(2) 肌に優しい洗剤で洗おう

刺激をできるだけ避けたいなら「液体せっけん」を使う

  • 洗剤には「洗濯用せっけん」「洗濯用合成洗剤」、これらの「複合タイプ」があり、「洗濯用せっけん」はアルカリ性の界面活性剤で、弱酸性の肌に触れると、その機能が失われるので、刺激を与える心配が少なくなります。
  • さらに「液体せっけん」を使えば、溶け残りもなく、より安心です。
  • 汚れと菌を落とす洗剤は洗浄力の強いものを、と考えがちですが、肌への刺激が少ないことも重要です。

裏面をチェック赤ちゃんの衣類の洗濯にオススメ!

洗濯用液体せっけん。蛍光剤・着色料 無配合。すすぎ1回にも対応。

コープ液体せっけん おおぞら 800ml

柔軟剤は菌の増殖とにおいを防ぐ効果があります。もっとふんわり洗い上げたい方は使ってみてもいいですね。

コープ ソフター

植物由来の柔軟成分配合。
衣類をふんわりしなやかに仕上げます。

コープソフター
720ml

ミニ知識

界面活性剤(主洗浄成分)って悪いものなの?

【界面活性剤とは】
水と油、洗濯物と汚れなど、2つの異なる物質の境界面(界面)に作用し、混ざりやすくする物質のこと。

界面活性剤とは

ポイント(3) 干し方を工夫しよう

洗濯後も、空中の菌は付着します。湿った状態が続くと、菌が増殖しにおいが発生してしまいます。できるだけ早く乾燥させるために、扇風機やサーキュレーターで風を送るのが効果的です。

ミニ知識

洗濯物を干すときは間隔とアーチ

干すときは、洗濯物同士が接近しないよう、できるだけ間隔を広くとりましょう。

ポールの中心から両端に向け、徐々に長いものをかけていく「アーチ干し」は風の通り道ができるので、おすすめです。

洗濯槽に菌がいるとにおいの原因になるので定期的に洗ってね!

洗剤を上手に使い分けて、いやな梅雨の時期を乗り切りましょう。

 このページの先頭にもどる

 このページの先頭にもどる