Home > ほこちゃん通信 > ベジフル子育てLife >

ほこちゃん通信 - ベジフル子育てLife

(7)「にんじん」-今月の旬のイッピン-

にんじん野菜の中では圧倒的にカロテンの量が多いにんじん。ひと昔前のものと比べると、独特なにおいが減りました。

にんじんの栄養

  • カロテンには主に3つの効果が期待できると言われています。
  1. 皮膚粘膜の保護
  2. 肌の若さを保つ
  3. がん・動脈硬化・心臓病などの予防 など
  • カロテンは脂溶性のため、油と一緒に調理するとよいでしょう。

離乳食では

  • ゴックン期の最初から使えます。軟らかくゆでてからすりつぶしてペースト状にします。まとめて作って製氷皿に入れてキューブを作っておくと便利。
  • モグモグ期は2~3mm角・カミカミ期は5~7mm角程度に切ったものを、軟らかく煮てあげましょう。

幼児食では

  • つかみ食べができるように、スティック状に切ったものを軟らかく煮てあげましょう。

 

【野菜ソムリエのおすすめ保存法】

ポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室または冷蔵室で保存しましょう。冷風や乾燥に弱いので、ポリ袋の口をしっかり閉じるのがポイント。

●洗いにんじんはデリケート?

きれいに洗えば皮をむく必要はありません。収穫後、土を洗うときに皮も少し削り取っているからです。しかし、そのために表面はとってもデリケートになり、風にあたったり乾燥したりすると黒ずんできます。乾燥して表面がしわしわになることも。

竹内さん


竹内 幸彦
(たけうち ゆきひこ)さん
株式会社エム・ティ
野菜や果物の加工、包装も行う青果物専門卸会社

ベジフルレシピ

「たっぷりにんじんのミートスパゲッティ&すりおろしにんじんドレッシング」

この時期、甘みを増しておいしくなる「にんじん」を使ったメニューです。

たっぷりにんじんのミートスパゲッティ

カロリー:1人分あたり556kcal

たっぷりにんじんのミートスパゲッティ&すりおろしにんじんドレッシング

材料(4人分)

  • 合いびき肉(あらびき)・・・200g
  • にんじん・・・小2本(200g)
  • 玉ねぎ・・・1/2個(100g)
  • にんにく・・・1片
  • マッシュルーム・・・4個(80g)
  • オリーブ油・・・大さじ1
  • 薄力粉・・・小さじ2

【A】

  • カットトマト水煮缶・・・1缶(400g)
  • コンソメ・・・1個
  • ケチャップ・・・大さじ2
  • ウスターソース・・・大さじ2
  • きび砂糖・・・小さじ2
  • 塩・こしょう・・・各適量
  • スパゲッティ・・・320g
  • 粉チーズ・・・小さじ4
  • パセリ・・・適量

作り方

  1. にんじん・玉ねぎ・にんにくはみじん切り、マッシュルームは薄切りにする。
  2. フライパンにオリーブ油・にんにくを入れて熱し、玉ねぎを炒める。火が通ったら、ひき肉・にんじん・マッシュルームの順で炒めていく。
  3. (2)に薄力粉をふり入れ、粉っぽさがなくなるまで炒めたら【A】を加え、混ぜながら5分ほど煮込み、塩・こしょうで味を調える。
  4. 鍋に湯を沸かして塩(分量外)を入れ、スパゲッティを袋の表示時間ゆでる。
  5. (4)を器に盛り、(3)をかける。仕上げに粉チーズをふり、刻んだパセリを散らす。

調理ポイント

野菜たっぷり

  • ミートソースというと肉のイメージですが、実は野菜たっぷりです。
  • 多めに作って小分けにし、冷凍もできます。

すりおろしにんじんドレッシング

カロリー:1人分あたり(大さじ1程度)30kcal

材料(作りやすい分量)

【A】

  • にんじん・・・大1本(150g)
  • 玉ねぎ・・・1/4個(50g)

【B】

  • オリーブ油 ・しょうゆ・酢・・・各50ml
  • きび砂糖 大さじ2、みりん 大さじ1

作り方

  1. 【A】はすりおろす。
  2. ボウルに(1)・【B】を入れてよく混ぜ合わせる。お好みの野菜にかける。

2品とも材料は大人の分量です。お子さんに合わせて、食べさせる量を加減してください。

お手伝いポイント お子さんと一緒に作るなら…

お手伝いポイント

  • にんじんをすりおろすところを手伝ってもらいましょう。少し力がいることと、小さくなってくるとやりづらくなることがあるため、お家の方は見守りをしましょう。
  • ミートソースの具材を炒めるところも手伝ってもらいましょう。

(注)やけどしないよう、お子さんから目を離さないようにしましょう。

「まさえ先生のベジフル子育てLife」

まさえ先生旬の野菜や果物の話、子育てファミリーにおすすめのレシピを毎月1品ずつ紹介します。 バックナンバーはこちら >>

管理栄養士 山本理江さんのプロフィールはこちら >>

 このページの先頭にもどる

 このページの先頭にもどる